召喚書 確率
スポンサーリンク

ガチャの確立 公式発表

 

 

以前に「ガチャの貴重性や、光闇の純正4と、水/火/風の純正☆5はどちらがレアという意味で価値があるか?」等の内容の
『自分なりのガチャに対する感想や考え』の記事を書きましたが…w
そのときの記事は下記の5つ☆
【超越の召喚書について】
【サマナーズウォーは課金ゲームか?】
【どうすれば純正☆5はバチる?】
【水/火/風の純正☆5と光闇☆4はどちらがレア?】
【純正☆5がカブって出た場合】
↑クリックで見れます☆ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

本日、エイプリルフールでモンスター達が形状変幻してましたね☆
それで、召喚するときに左下に『?確率』なるものが出ていて自分は気がついたのですが、以前からあったのですかね?
『?確率』マークはなくても、『NOTICE』とかをチェックすれば以前から出ていたとか?w

(ちなみに『NOTICE』は庭の左上、庭の自分のアイコンの下の赤いニコちゃんマークです☆『NOTICE』は和訳すると『通知、掲示、案内、看板』ですね。自分的には「お知らせ」がしっくりくるんですけど☆)

 

 

 

不思議召喚

確率でいえば、不思議召喚200回すれば、純正☆5が1体(水/火/風)が手に入る計算ということですね☆
ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

水/火/風の召喚書

こちらの確率は不思議召喚と一緒ですね☆
「属性を狙って出せる」という点で、名誉ポイントとかで手に入れるときには「不思議召喚より高値」ですが、☆4、☆5が手に入る確率としては一緒ということですね。

 

 

 

特殊召喚

こちらも「不思議召喚、水/火/風召喚と確率は一緒」なんですね~。
期間で限られたモンスターから召喚をされるので、なんとなくその「限られた感」が、自分的には「不思議召喚等よりも純☆5が出やすい」のかと思っていましたら一緒でした☆w

 

 

 

光と闇の召喚書(もしくは欠片)


こちらは不思議召喚よりも、特殊召喚よりも純正☆5、純正☆4が出る確率が低いですね。
光闇は召喚書や召喚書の欠片自体が入手困難なのに、ガチャとしてもシブいんですね☆(辛いというのか?w)

 

ただ、水/火/風の純正☆5(0.5%)よりも、光闇の純正☆4(6.0%)のほうが圧倒的(12倍)に出やすい確率なんですね☆

でも繰り返しますが、光闇の召喚書(や欠片)は入手自体が、不思議召喚書や特殊召喚書より困難だと思うので、レア度としてはそこら辺も加味するとどうなのかなぁ…と思いますw

不思議召喚十数回(もしくは数十回)に対して、光闇が1~3回くらいできる感じじゃないですか?無課金の自分の体感ではそのくらいです。

 

・光闇はヒーローダンジョンありですが、純正☆5はどの属性もない。
・超越の召喚書は必ず☆5が出るが水火風のいずれかであり、光闇は出ない。
の2点を加味するとまた評価も変わると思うのですが…www
【水/火/風の純正☆5と光闇の純正☆4はどちらがレアか?】

 

キリがないので次行きましょう☆wヾ(*´∀`*)ノ

 

 

 

伝説の召喚書(もしくは欠片)

こちらの召喚書は☆4、☆5しか出ないですね。
そして水火風しか出ないです。

自分は主に、
・試練のタワーで100階クリアーしたとき。
・ショップで欠片が売っていたときにコツコツ貯めて、(もしくは占領戦等で手に入れる。)100欠片貯まったとき。
にやります☆
ヾ(*´∀`*)ノ

試練のタワーが、ノーマル&ハードともクリアできれば、それだけで月に4回召喚できますね☆
ヾ(*´∀`*)ノ

そしたら1年で48回ですね。欠片も入れたら50回以上はできるでしょうか?
そしたら3体くらいは手に入るのですかね?(計算合ってますよね?w)
不思議召喚の0.5%や光闇召喚の0.35%よりは、6.5%というのは圧倒的に純正☆5が手には入る確率が高いですよね☆
ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

伝説の水火風属性の召喚書

こちらに関しては、
無課金の自分は召喚をしたことがありません。

 

不思議召喚→水/火/風の召喚書が確率が同じように、
伝説の召喚書と確率は一緒ですね。
属性が選べるメリットがありますが、その他は同じですね。

 

 

 

 

超越は100%純正☆5ですよね☆
ヾ(*´∀`*)ノ
(ちなみに超越の召喚書は、【特別な期間】に【課金】でしか手に入りません☆)

 

上記でも触れていますが、
それでもこの召喚書では「光属性・闇属性」は手に入りません。

 

 

 

まとめ

いやしかし、
こうしてみると、

やっぱり、

サマナーズウォーってこのゲームバランスがおもしろいなぁと思います☆
ヾ(*´∀`*)ノ

これからもガチャも含め楽しんでいきたいです。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事