試練のタワー,ハード,アルタミエル,
スポンサーリンク

ハード60階 アルタミエル階(試練のタワー)

スポンサーリンク

 

とにかく敵が反撃をしてくる

 

試練のタワーハード60階(アルタミエル階)です。ヾ(*´∀`*)ノ
アルタミエル階,ハード60階,

とにかく「まわりが反撃してきます。」www
しかも結構パワフルな反撃ですねw

とにかくこの階の特徴は
敵全員の【パッシブが強力】ということではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

孫行者とアルカザンのパッシブが強力

 

パッシブが強力ということは、「こちらの攻撃によって反撃等されたり、こちらに不利になることがある。(直接攻撃なしの持続ダメージや睡眠のみ等なら大丈夫ですが。)」
ということになるのですが、
周り4体のパッシブについて、

孫行者(風 孫悟空)のパッシブが、
石猿:自分が受けるダメージが25%減少し、他の味方が攻撃を受ける度に25%の確率で反撃する。

アルカザン(光イエティ)のパッシブが、
静かなる怒り:自分以外の味方が攻撃を受けると50%の確率で反撃する。

ということで、「クリ率を下げたら防げるとかいうわけでもない。」ですねwww

 

 

スポンサーリンク

持続ダメージは役立ちました☆

 

スレイン(闇グリムリッパー)やヘモス(水グリムリッパー)の持続ダメージは攻撃せずに持続が付けられるので反撃を恐れなくていいのは嬉しいですが、
でも「足止め」をする場合はスタンにしろ凍結にしろ睡眠にしろ、攻撃をしなくちゃならない場合が多いですよね。
もちろんそうじゃない場合もあって、ソネット(水ハープ奏者)の2番スキルは「攻撃せずに睡眠+持続が付けられる」というタワーでは大活躍のスキルになりますね☆
ヾ(*´∀`*)ノ

自分はなんとなく「タワー固定メンバー」で上記のまま行っちゃいましたが、やはり「持続ダメージ」は非常に役立ちました。
ヾ(*´∀`*)ノ

ヘモス(傷つきやすい)
結局、出番ないんだ、、、?

 

 

スポンサーリンク

アルタミエルのパッシブも強力 やはりタワーではクリ率は上げないほうがいい

 

そしてアルタミエル(光アークエンジェル)のパッシブなのですが、
審判者:自分や味方がクリティカル攻撃を受けると直ちに攻撃者に反撃し、自分の攻撃ゲージが15%上昇する。「審判者」が発動する度に自分の防御力は20%ずつ増加する。最大5回まで上昇する。
ということで、こちらの対策としては「クリ率は上げないほうがいい。」ですね。

 

てかタワー要員メンバーはクリ率は上げないほうがいい場合がほとんどだと思います。
ヾ(*´∀`*)ノ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事